「仮面ライダーアギト」 全フォーム共通能力まとめも

仮面ライダーアギト 仮面ライダーアギト 全フォーム共通項目

仮面ライダーアギト」の全形態共通項目を記載。
変身者は津上翔一

仮面ライダーギルスに対した完全形態。
津上翔一はあかつき号で白い青年「光の力」の最後の力によって覚醒させられ、乗客でアギトへと変身してしまった最初の人物
時系列的に見ると姉の沢木雪菜が最初に覚醒者。
その後、水のエルに襲われて逃げるようにあかつき号から逃げたあと、第1話付近へと話が連動していく。

初期は自我を保たずにアンノウンを倒すことだけを考えて行動、G3にも大ダメージを与えてしまった。
第3話で初めて変身中にの自我をとりもどし、以後からアンノウンを察知した時の激しい挙動も抑えることができるようになった。

劇中では”アギト“と呼ばれ、アンノウンと対称となる謎として追われている。

スポンサードリンク

フォーム

上位フォームに変身した場合など、グランドフォームに変身中に戻る方法は不明のまま。
仮面ライダーアギト グランドフォーム
仮面ライダーアギト ストームフォーム
仮面ライダーアギト フレイムフォーム
仮面ライダーアギト トリニティフォーム
仮面ライダーアギト バーニングフォーム
仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

アギトの根源は?

遥か昔、闇の力光の力が戦っていた。
激しいぶつかり合いの中、敗北した光の力が倒れる寸前に最期の力を振り絞り、アギトの力を人間たちに撒いた。
この先遠い未来、その力が覚醒することを信じて。

倒れた光の力の肉体が現れたのは、時が経ち、物語の鍵を握るあかつき号客船の中。
光の力が最後の力を使って、主人公沢木哲也(津上翔一)に覚醒の光を浴びさせ、体の中に眠るアギトの力が完全に覚醒した。
周囲にいた二次的な覚醒の光を浴びた乗客全員も、また覚醒の時が早まっていた。

能力

仮面ライダーアギト」として覚醒した者が所有する超能力を記載。

アンノウン感知

劇中に登場する「アンノウン」と呼ばれる謎の生命体が行動を起こした際、変身可能者はその居場所を察知することができる。
物語序盤ではその感知に戸惑いを見せていたが、いつしか自然と感知できるようになっていった。

感知できるタイミングは、アンノウンが標的を発見して不思議な指の動きをしたタイミング。

また、感知能力を駆使して、付近にアンノウンに狙われている人間がいる場合、攻撃を察知することができる。

バイク

仮面ライダーアギト」が搭乗する共通したマシンを表記。
変身を行なわなければ、姿を現すことはない。

マシントルネイダー

【初登場】:4話
【最高時速】430km/h

アギトの変身変身ベルトから放出されるエネルギーによって、翔一が搭乗するバイク「ホンダVTRファイヤーストーム」が一時的に変化をおこしたもの。
搭乗するとアギトの意思を感知して、タイヤの回転数を思いのままに変える能力を持っている。
仮面ライダーアギト

マシントルネイダー:スライダーモード

【初登場】:14話
【最高時速】720km/h

劇中「謎の男」と命名された登場人物の力によって覚醒した形態。

上記「マシントルネイダー」がスライダー状に変形したもの。
移動速度面のパワーアップだけでなく、空中ホバー飛行が可能になった。
720kmもの猛スピードから発動するライダーキックや、後方に別の仮面ライダーを搭乗させた連携攻撃が可能になる。
仮面ライダーアギト

その加速パワーは、0から400kmまで5秒と驚異的。


「仮面ライダーアギト」 全フォーム共通能力まとめも
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る