「仮面ライダーG3-MILD」 まとめも

仮面ライダーG3 仮面ライダーG3-MILD

仮面ライダーG3」にオートフィット機能を搭載し、誰でも装備できるようにした戦闘用スーツ。
テスト装着員募集の段階での名称は「第三世代型対未確認生命体戦闘用強化外筋及び外骨格簡易生産化試験版」と記載されている。
位置づけとしては、量産型G3システム。

劇中では尾室隆弘が試験的に装着を行なったが、彼は最終的にTV本編で仮面ライダーG3を装着したこともある。
仮面ライダーG3-MILD

スポンサードリンク

超低スペックだが、1km先の文字が読めるなど、それなりの性能は秘めている。
【身長】:185cm
【体重】:125kg
【パンチ力】:1t
【キック力】:2t
【ジャンプ力】:ひと跳び5m
【走力】:100mを13.5秒
【視力】:1km先の看板を正確に読み取れる
【聴力】:1km四方のささやき声が聞き取れる
【防御力】:不明
【初登場】:仮面ライダーアギトスペシャル 新たなる変身
【分類】:★
【モチーフ/属性】:仮面ライダーG3

変身

Gトレイラーでサポートをしてもらい、装着して出撃すると思われる。
劇中では描かれておらず、Gトレイラーにいた小沢澄子に尾室隆弘から出撃通信が入ったので、別に装着場所があると思われる。

しかし、G3-XのGトレイラー内からの指示は共有することができており、劇中ではバッテリー残量が低下したG3-Xを見事に助けた。

能力

残念ながらあまり良い実績を残すことができなかった「仮面ライダーG3」の更なる低スペック版。
戦闘よりも、「仮面ライダーG3-X」等のサポートを行なう形で装備者が使用することになる。

武器

使用可能な武器は「仮面ライダーG3」とほぼ同様と思われるが、劇中では使用しなかった。
ただ、スペック上仮面ライダーG3-Xの武器を扱うには難しい。

劇中でも「GM-01<スコーピオン>」等の汎用性の高い武器も使用することなく、己の肉体で戦っていた。

バイク

仮面ライダーG3-MILD」が搭乗する共通したマシンを表記。

ガードチェイサー

【初登場】:特別スペシャル
【最高時速】350km/h

仮面ライダーG3専用に作られた白バイク。
仮面ライダーG3-MILD」も同様の機種に搭乗して出撃する。
仮面ライダーG3-MILD


「仮面ライダーG3-MILD」 まとめも
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る