「仮面ライダークウガ ライジングアルティメット(レッド・アイ)」 まとめも

仮面ライダークウガ ライジングアルティメット 仮面ライダークウガ ライジングアルティメット(レッド・アイ)

地の石」の力で強制的に進化させられたフォームだが、石が破壊された後もレッド・アイVerならばこの形態に自力で変身できるようである。

オリジナル版クウガにも見られた外部の属性を取り込む要素から、地の石の力を吸収した状態を維持していると考えるのが適切か。

ユウスケが闇の力を受け入れた状態であると考えてよいかも。
仮面ライダークウガ ライジングアルティメット

スポンサードリンク

【身長】:210cm
【体重】:150kg
【パンチ力】:100t
【キック力】:120t
【ジャンプ力】:ひと跳び110m
【走力】:100mを1秒
【初登場】:劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
【分類】:★★★★★
【モチーフ/属性】:究極・雷

変身

劇中では暴走から解放された後も、直接この形態に変身するシーンが存在した。
クウガの特性上、変身者の意思に反応して形態を変化させるので特別な動作等はない。
変身ポーズが、小野寺ユウスケオリジナルのものに変わっている。

必殺技

レッド・アイ状態で使用された必殺技はキック攻撃のみ。
アルティメットフォームが持つ超能力や、ブラック・アイで使用していた暗黒掌波動を使用することができるかは不明である。

ライジングアルティメットマイティキック

【初使用】:劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

劇場版で他のライダーと共に使用した技。
片足なのか両足なのか不明。

ライジングフォームについて

このページを作ったからには避けられない話題。

そもそも、ライジングフォームというものは”アルティメットフォームの一部の力が浮き出てきたもの“。
別論では”アマダムが雄介の強くならなくちゃ!“という意思と電気ショックという偶然が重なって実現したものという記載がある書籍もある。

このフォームの一倍の間違いは「ライジングアルティメット」というネーミングかもしれません。
クウガのエネルギー源となるアマダムは使用者の思いを具現化する力があるので、新しいフォームが出てきても全く問題がない。

設定に基づき解釈するならば
◆アルティメットフォームは原子・分子の単位で超能力的なことが可能
◆ベルトの石のアマダムは変身者の願いを具現化する
なので、装甲や外見変化くらい簡単にできそうな気もします。

もし、「地の石」が関係するフォーム名として発表されていたら、全てつじつまが合い文句は生まれなかったかもしれません。


仮面ライダーディケイド まとめ
仮面ライダーディケイド まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る