「仮面ライダークウガ ライジングマイティフォーム」 まとめも

仮面ライダークウガ ライジングマイティフォーム 仮面ライダークウガ ライジングマイティフォーム

仮面ライダークウガ マイティフォーム」の上位互換フォーム。
全4種類のライジングフォームの中で、最後に登場した形態。

変身直前には、とてつもなく大きな力が予想されると変身者雄介自身が感じていた。
外見はマイティフォームを基準に一部金色に変化し、手の甲には”“の古代文字が刻まれている。
右足には、脚力を強化させる「マイティアンクレット」が装備されている。
仮面ライダークウガ ライジングマイティフォーム

スポンサードリンク

基本的なスペック明かされていない。
【身長】:200cm

【体重】:104kg
【パンチ力】:不明
【キック力】:不明
【ジャンプ力】:不明
【走力】:不明
【初登場】:30話
【分類】:★★★
【モチーフ/属性】:炎・雷

変身

微量の電気ショックと、変身者の力不足に対応しようとアマダムから発生した新しい力。
特別な変身ポーズはなく、変身者の任意で変身することができる。
基本的には、マイティフォームからの直接変身ですが、体内に貯蓄されている電気の量に応じては直接変身することもできる。

変身制限

この形態に変身できる時間は30秒間のみ。
時間が経過してしまうと、徐々にマイティフォームに戻ってしまう。
電気ショックを行い、体内に蓄えれば制限時間がなくなる。

能力

マイティフォーム同様に特別な能力はなく、全ステータスがバランス良く強化されている。
基本ステータスが強化されたというよりかは、放出される封印エネルギーの量が格段に強化された形態といえます。

必殺技

封印エネルギーや脚力は強化されたが、封印の刻印を貼り付けるためには右足で攻撃する必要がある点は変化なし。

ライジングマイティキック

【初使用】:30話
【威力】:50t

ゴ・ガメゴ・レ」戦で初使用。
助走からのジャンプ、空中回転からの片足右キックを行なう。
キック力はマイティフォーム通常キック30tから2倍にも達していないものの、刻印エネルギーの強さが目に見えてパワーアップしている。

このキック攻撃からの爆発範囲は半径3kmにも及び、周囲の絶大的な被害は免れることができない。
riderall_kuuga_057 riderall_kuuga_056riderall_kuuga_058

この攻撃で敵を撃破する場合は、場所を選んだり、周囲の人々を非難させる配慮が必要になる難点がある。

爆発範囲に関しては、グロンギの強化に伴うものもありますが、ライジングマイティのみ別格の被害を及ぼす結果が出ているため、大半は大きくなり過ぎたクウガ自身にあると見てよさそう。

【碑文】:炎の技よ雷の力を加えて邪悪を鎮めよ
碑文は足のマイティアンクレットに刻まれている。


仮面ライダークウガ まとめ
仮面ライダークウガ まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る