「仮面ライダークウガ ライジングペガサスフォーム」 まとめも

仮面ライダークウガ ライジングペガサスフォーム 仮面ライダークウガ ライジングペガサスフォーム

仮面ライダークウガ ペガサスフォーム」の上位互換フォーム。
全4種類のライジングフォームの中で2番目に登場した形態。

外見はペガサスフォームを基準に一部金色に変化し、手の甲には”疾風“の古代文字が刻まれている。
仮面ライダークウガ ライジングペガサスフォーム

スポンサードリンク

基本的なスペック明かされていない。
【身長】:200m

【体重】:99.9kg
【パンチ力】:不明
【キック力】:不明
【ジャンプ力】:不明
【走力】:不明
【初登場】:25話
【視力】:人間の数10000倍
【聴力】:人間の数10000倍
・超音波も聴くことが可能
【分類】:★★★
【モチーフ/属性】:疾風・雷

変身

微量の電気ショックと、変身者の力不足に対応しようとアマダムから発生した新しい力。
特別な変身ポーズはなく、変身者の任意で変身することができる。
基本的には、ペガサスフォームからの直接変身ですが、体内に貯蓄されている電気の量に応じては直接変身することもできる。

変身制限

この形態に変身できる時間は30秒間のみ。
時間が経過してしまうと、徐々にペガサスフォームに戻ってしまう。
電気ショックを行い、体内に蓄えればライジングフォーム自体の制限時間はなくなるが、ペガサスフォーム本来の負荷については一切不明。

能力

ペガサスフォームに比べて10倍という、更なる負担がのしかかるほどの強化がされている。
劇中では強化された視認能力を活かした描写はされなかった。

武器

ライジングペガサスフォームが持つ専用武器。
ライジングタイタンフォームのように複数生産可能と思われるが、右手発射では肩部の構造が違うので負担に耐えられない可能性がある。

ライジングペガサスボウガン

【初登場】:25話
【碑文】:雷の力を加えて邪悪を鎮めよ

ペガサスボウガン」の上位強化版。
ボウガンの先端の金色のブレードが装備されたほか、一度の射撃で連続発射できるバースト撃ちが可能になった。
これにより、一撃でしとめられなかったターゲットに複数命中させることができる。
riderall_kuuga_050

また、射程距離も大幅に強化されているとのこと。

必殺技

ライジングペガサスフォームが持つ専用必殺技。
ライジングペガサスボウガンを使用した攻撃は基本必殺技となる。

ライジングブラストペガサス

【初使用】:25話

ライジングペガサスボウガン」を使用した必殺技。
武器後方部にあるトリガーレバーを引き、引き金を引くことで目に見えない空気エネルギー弾を発射する。
連続発射することも可能で、その衝撃に耐えるために肩部も強化されている。

1回の連射は少なくとも7発か。
劇中では4発外し、3発が命中(刻印の数)していた。
riderall_kuuga_051

ライジングマイティに次ぐ爆散力を誇る演出が見られるが、これは恐らくゴ・ブウロ・グに命中した弾丸の数が多かったものとみられる。

劇中で、ゴウラムにつかまった状態からこの形態に変身し、リロードせずに発射している場面も見られるが、詳細は不明。
1度リロードすれば、数発はリロードなしで使用可能か。


仮面ライダークウガ まとめ
仮面ライダークウガ まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る